山口家住宅に見る町家の特徴

1945年の空襲で堺の多くの建物が焼失しましたが、旧市街地北部には山口家住宅をはじめとする町家が現存しています。
格子、虫籠窓、瓦などの町家の特徴的な造りは江戸期の堺を今に伝えるものなのです。

瓦

瓦は屋根材として火事などの防火対策のために江戸時代に急増しました。 平瓦と丸瓦を交互に用いた「本瓦葺」と桟瓦を用いた「桟瓦葺」がありま す。また、魔除けや吉祥などの思いを込めた「鬼瓦」も屋根の端に据えら れています。当時は贅沢品として扱われていました。

本瓦葺
桟瓦葺

ここにも注目!

山口家住宅や鉄砲鍛冶屋で屋根を見上げると「煙出し」をみることができます。これはカマドの煙を外へ出すもので、非常に珍しいものです。

山口家住宅の煙出し
中から見た煙出し

虫籠窓

虫籠窓(むしこまど)とは、かたちが「虫かご」に似ていることから由来して名が付けられた、町家の二階部分の窓のことです。 通風や採光、温度調節、防火対策などの役割を果たし、多くは漆喰で作られています。窓のかたちや大きさで時代の移り変わりを感じることができます。明治以降は軒が少しずつ高くなっていき、それに伴って虫籠窓も大きくなりました。
山口家住宅は江戸初期のもののため比較的小さな虫籠窓になっています。

山口家住宅の虫籠窓

格子

格子は竪子(たてご)貫(ぬき)と呼ばれる縦横の組子で構成されたもので、地域や時代、職業によってデザインが異なり多くの種類があります。中からは外の様子が見え易く、外からは中の様子が見づらいという構造になっており、通風・防犯・採光の役割を果たしています。

山口家住宅の格子
中から見た格子

格子の種類

糸屋格子
糸の色の識別のため光を取り入れる構造になっている。
炭屋格子
炭の飛散を防ぐために格子の空きが狭くなっている。
米屋格子
防犯のために太くて頑丈な荒格子を使用している。

京都の町家

 

写真の町家は、酒問屋として商売を続けてきましたが、かつては糸割符商として商ってきたために格子は糸屋格子と思われる造りになっています。このように昔の名残をそのまま残しているところも少なくありません。

嶋臺酒店|文化遺産オンライン
<参考文献>
堺市文化部文化財課「環濠都市・堺と山口家住宅(第2版)」 堺市行政資料番号: 1-L3-09-0253(2010年)
山本良介「京町家の遺伝子」 学芸出版社(2006年)
山口珠瑛「町家えほん」 PHP研究所(2014年)